手のシワを消すケア方法

手のシワを消すケア方法~年齢より老けてみる手

手を見せる少年

 

手のシワの救世主?ナールスゲンって知っていますか?

 

今、シワやたるみに悩んでいる女性に非常にウケているのが、「ナールスゲン」という成分です。

 

シワの原因となるコラーゲン細胞の破壊、老化に対処するための画期的な成分です。

 

いわゆるコラーゲン入りの化粧品とかではなく、自分の体でコラーゲンを作り出すのをサポートする性質がある成分です。だから、効果がほとんどないコラーゲン入り化粧品とは別格です。

 

 

 

手のシワは年齢に関係なくできやすい

 

手は年齢に関わらずシワができやすい体の部位です。10代や20代でも手のシワに困って、人前で手を出したり使うのが恥ずかしい人は大勢います。別に年齢のわりに手のシワが多いからといっておかしいことではありません。

 

ただ手は普段から自分でもよく見えちゃうので気になりますよね。

 

手というのは、比較的、顔より丈夫な皮膚でできていますが、人により弱い人もいますし、何より毎日何かを触ったり握ったり、手を洗ったりお風呂でふやけたりと酷使されています。

 

顔は丁寧に優しく洗ったりケアしているのに、手はシワが目立ってきて初めてクリームを塗ったり、手袋をしたりしたのでは?

 

でもシワができてからそういったケアをしても、シワの増加を予防出来るだけでシワを消したり目立たなくさせるのは難しいですね。

 

それに手は普段からよく使うので、日中は何か美容液をつけていてもすぐに取れちゃいますし、あまりベタベタ塗ると仕事や家事、見た目にも支障がでるでしょう。

 

ナールスゲンは日中でも仕事中も家事中でも手のシワケアができる

 

でもナールスゲンは、塗って体のヒートショックプロテイン(HSP)というタンパク質を刺激します。

 

このヒートショックプロテインを刺激すると、コラーゲン生成を活性化させることが分かっています。

 

シワの原因は、コラーゲン細胞の破壊や減少、老化が原因で、ハリがなくなって皮膚表面が落ち込んでしまうことで起きます。

 

ナールスゲンは塗れば角質層にさっと浸透する性質があり、ヒートショックプロテインを刺激してくれます。だから保湿クリームのようにずっと付けたままとか、手を洗うと効果がなくなっちゃうってことはあまり影響がありません。

 

だから家事も学校も仕事の時も問題なし。日中でも手のケアができます。

 

ナールスゲン配合の化粧品

 

ナールスゲンはナールスピュアというローションが発売されています。

 

やはり手のシワを何とかしようと思う人はもちろん、顔の小じわやたるみに使ってみようと考える人が多く、かなり売れはいいみたいです。

 

雑誌、特に関西地方の読売テレビ「かんさい情報ネットten」で紹介されて瞬間的にバカ売れしたようです。

 

使う場所によって1~2ヶ月近く使用できるので、手だけに使うのだったら結構使えるのではないかと思います。もちろん、一緒に顔にも使うのがベストですね。

 

コラーゲン入りの化粧水やクリームに効果は殆どない

 

シワやたるみ対策の化粧水、クリームはだいたいコラーゲン配合!ってなっていますよね。多くの女性が今まで手にしたことがあると思います。

 

でも、実際にシワが消えた、余っている皮膚が引き締まったという経験をされた方は少ないと思います。それはコラーゲンの性質を知っていれば当然のことであり、そういった化粧品に期待はしないものなのです。

 

まず化粧品など皮膚の外から吸収できるのは角質層までです。これ以上奥には化粧品の成分は浸透しません。

 

コラーゲンはこの角質層より奥の真皮層などで、エラスチンという成分で結合し、ハリを保つ役割をしています。

 

つまり、コラーゲンを届けたい真皮層にはいくら頑張っても化粧品じゃ届かないのです。だからコラーゲン入り化粧品でシワ回復の効果が実感できないことになります。当然ですね。

 

手のシワ改善の期待「ヒートショックプロテイン」

 

じゃあシワ対策に使える化粧品全部がダメかというとそうではありません。

 

コラーゲンは本来、自分の体で生成してキープさせるものです。このコラーゲンはたんぱく質なので、栄養をしっかり取り、夜ぐっすり眠ることで生成されます。

 

ただ、ストレスや生活習慣、年齢による老化などによりこの機能は低下し、思ったようにコラーゲンが増えずにシワやたるみを作り出してしまいます。

 

このようにコラーゲン生成が鈍るとシワが増える原因になるのですが、ヒートショックプロテインという体内のあるたんぱく質を刺激すれば、よりコラーゲンを生成することが分かっています。

 

このヒートショックプロテインを刺激させることで一躍脚光を浴びたのがナールスゲンという成分です。

 

ナールスゲンは低分子コラーゲンよりさらに小さく、容易に角質層の奥深くに浸透し、このヒートショックプロテインを刺激します。

 

本来化粧品では不可能だったコラーゲンへのアプローチ。直接増やせないのなら、体に増やすように指令を出そう!そんな発想の転換が実感の違いを生み出す画期的な成分となったのです。

 

 

関連リンク

 

プラセンタの副作用
シワやたるみ解消などアンチエイジングの強い味方として人気のプラセンタ。ただ副作用があるのではないかと心配されることも多いですね。プラセンタの副作用に関する知識、代替方法について分かります。

メニュー

手は年齢を表すと言いますよね。でも10代、20代、30代でも、40代以上の手に見える人は多いです。手のひら、甲、指など深くて溝みたいな線が走っていて、人前で手を出すのが恥ずかしいと悩んでいる人は多いです。もっとみずみずしい肌に戻りたい、ハンドクリームじゃ効果がない、何を使えば効果的なんだろう…そんな手の悩みに答えるサイトです。